お知らせ

お知らせ
ホーム > お知らせ > 本学学生が電子情報通信学会九州支部学生会講演会において講演奨励賞を受賞しました。

本学学生が電子情報通信学会九州支部学生会講演会において講演奨励賞を受賞しました。

掲載日:2024年02月13日

2023年9月6日(水)に崇城大学で電子情報通信学会九州支部学生会講演会がオンラインで開催され、本学情報工学部知能情報工学科4年生の今村 遥弥さんによる講演「順序付き区間グラフに対する部分グラフ同型性判定問題に対する考察」が学生会講演奨励賞を受賞しました。
本研究で扱っている部分グラフ同型性判定問題は計算量理論上、困難な問題であり、入力のグラフを区間グラフに制限しても計算困難であることが知られています。それに対し、区間グラフは時系列データから自然に現れるグラフで、時系列情報から頂点の順序などの情報を自然に与えることができます。本研究はそうした自然な頂点順序を持つ区間グラフ上での部分グラフ同型性判定問題に対する効率的なアルゴリズムを提案しており、このアルゴリズムは時系列データ解析などへの応用が期待できます。


受賞者:

今村 遥弥(情報工学部知能情報工学科・4年)

発表題目:

順序付き区間グラフに対する部分グラフ同型性判定問題に対する考察

指導教員:

斎藤 寿樹 准教授(大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系)


受賞した今村 遥弥さん

お知らせアーカイブ

九州工業大学
九州工業大学 情報工学部
知能情報工学科(平成29年度以前の学科)

各種情報

シラバス